初期からの育成

  • ページ: 育成法討論板
  • 投稿者: とある武林の者?
  • サーバー: 風雲録
  • 状態: 質問
  • 内容: 初心者質問
  • 投稿日: 2008-02-17 (日) 20:32:46
  • バージョン:

メッセージ

初めから育成する時、皆さんならどのように育てますか?
例えば、まずこの装備を付けるや、名声をあげまくる、このステータスを優先させて上げるなどなど、皆さんの育成知識を教えてほしいです。



  • 何を目的にするかによって、まったく違ってくると思う。
    またどういう装備があるか、どれぐらいお金があるかでも・・。 -- ? 2008-02-17 (日) 21:53:45
  • 転生までは気にせず名声特化でおk -- 2008-02-17 (日) 22:34:38
  • 4倍での武技上げ優先(職2とか)
    やっぱり後は装備次第 -- 2008-02-18 (月) 01:12:12
  • +21首 気力 -- 2008-02-18 (月) 08:17:11
  • サブを本気で育てると仮定して・・。
    まず、師範4倍は使わずに
    鹿角クエをやり初期肉を入手し放置で三才気功を覚える
    覚えなかったら、狐皮は飛ばして艾葉クエをやり覚える
    余った初期肉は無駄にしないように。
    +18の武技武器で放置しながら全武技を覚える
     〜サブ職熟は20半ばから30半ばくらいになる(趣味ですw)
    メイン職の熟上げはしない
    ここからは常に師範4倍で
    初心者防具を入手
    地下で名声を上げながら護身剛気、草上飛、初級、中級遠距離を覚える
    狩の時は極力職2を使用
    空いてる時間は放置(放置中も草上飛、護身剛気を使用)
    常に修練服を使用(耐性を上げ弱い装備でも放置ができるように、
    気力剤を大量に持てるようになる)
    ペットは名声上げの時は青龍、放置の時は玄武
    メイン職の熟上げは極力しない
    一流高手になったら
    修練なしの服を使用
    放置の時のペットは白虎
    メイン職の熟上げは極力しない
    匪賊で1000まで上げるだけの熟練上昇符を集めておき
    全部使用すれば絶世になるまでとっておく
    後は納得の行くまで名声と力を上げて
    力尽きたら熟上げをして転生
    もしくは主命大師討伐クエを目指して力熟を上げ
    一代宗師にならずに育てるのを終了する -- 2008-02-18 (月) 08:47:09
  • ↑飽く迄趣味的な育成法で実際には参考にならないかと。
    やはり師範使える間にとことん名声上げでいいんじゃないでしょうか。
    武技4倍も魅力的ですから忙しいときに師範傍での武技放置もいいかもしれませんね。 -- 2008-02-18 (月) 09:39:38
  • 放置に玄武って効果あるんですか? -- 2008-02-18 (月) 21:52:20
  • そら耐性が上がるだろうよw -- 2008-02-19 (火) 00:24:14
  • 2個↑の方は、放置の意味を混同されているのかも・・・。
    4個↑の方が言われている「放置」とは、素手放置のことです。
    詳しくは一番上の検索窓で放置、を参照してみてください。
    当然のことながら採集放置、露店放置、草上放置などでは
    ペットの効果はありません。
    ちなみに私も「名声重視」に一票w -- 2008-02-19 (火) 01:18:44
  • 放置に玄武って効果あるのですか?と書き込みした物ですけど、
    このサイト内の生産システム→守護牌のページには
    ・ボーナスは青龍と玄武は敵を倒した時。白虎と朱雀は一定時間ごとに追加。
    となっているので、モンスを倒した時にしか効果が無いと思ってました。 -- 2008-02-19 (火) 02:41:46


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver crimson Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


最新の20件
2017-11-12 2017-11-09 2017-11-07 2017-11-06 2017-11-04 2017-11-02 2017-10-30 2017-10-13 2017-10-07 2017-10-02 2017-09-07 2017-09-04 2017-08-28 2017-08-21
今日の12件
人気の15件

[asi2] RightBar Edit

 

 
 

このページの
  通算アクセス回数 
   4038 回
 
このページの
  本日アクセス回数 
     2 回