トップページ


旗取りとは

正式名称は「天上争旗」と呼ばれるようです。
仲間を2人以上いて、2組いればやることができるミニゲームです。


遊び方&ルール

遊び方

最低でも4人集めないとやることができません。
4人以上集まれば、半分に分けて仲間を組みます。(陣は必要ありません)
仲間リーダーの方は街の役場より下の方にいる門番に話します。


ルール

  • 赤軍と白軍に自動的に名前がつけられ
    制限時間5分から始まって0分になった時に点数の多いチームが勝ちになります。
    相手チームの旗を取って自分の陣地内に持っていけば1点とカウントされます。
    点数を獲得した場合には獲得したプレイヤーの名前が公示として流れます。
    プレイヤーは全員常時草上飛状態になり、凌空虚道や徒歩では移動できません。
    プレイヤーが死亡すると陣地横の死亡復帰場所に誘導されますが再び参加できます。
  • 旗は最初、各軍の陣地の中央の色が変わった部分の地面に置いてあります。
    旗のグラフィックは花火や銅箱と同じ物です。
    旗を持つとアイテム欄に加わり、拾った人の公示が流れます。
    旗を持っている人を倒せば旗を落とします。
    落とした旗を拾ってまた移動して自分の陣地まで旗を運びます。
  • 最終的に点数が多かったチームの勝利となります。
  • 勝利チームに1人ずつ1000銀銭が入ります。
  • 強さに関わらず攻撃や武技1回で相手の体力の1/3をダメージとして削ります。
    遠距離武技も1/3ダメージとしてカウントされます。




これは記憶だけで書いたので
最近はこの旗取りをやる機会がないので違ってる点があると思いますので
違っている点がありましたら、編集の方お願いします。(byとある人+YU-)


天上争旗ワンポイント

  • 旗を隠すのも有りです、花火を置いたりして攪乱する事も可能です。
    旗を隠す場所は通路や壁の裏側など色々な場所です。
  • 肉や遠距離武技を使わない楽しみ方があります。
    肉と遠距離武技の両方を封じると純粋な強さが出ます。
    しかしラグが多いプレイヤーを抑えることが難しいなど難点もあります。
  • 人数に寄りますが基本的には相手の旗を持ち帰る攻撃側と
    自分の旗を守る防御側の2つに分かれます、片方だけでは勝てません。
    4人ずつ等の場合は攻撃側を多くした方が有利だと思います。
    防御一辺倒のチームではラグの大きいプレイヤーが出現した時に勝てません。

天上争旗ワールドカップ

2004年に行われた天上争旗による全サーバー対抗トーナメント戦です。
各サーバーでトーナメント戦を行い2チームが代表として選ばれ
風雲録〜潜龍之夢の8チームで更にトーナメント戦を行い
順位によって銀銭がもらえるというものでした。


本戦の賞金は1位100M銀銭、2位50M銀銭、3位25M銀銭
サーバー別予選の賞金は1位50M銀銭、2位25M銀銭だったと思います。
当時の1M銀銭は今の5M銀銭くらいの価値だったかも。


※狐火率いるプリン体チームは潜龍之夢1位、本戦3位の計75M獲得でした [asi2]




最新の20件
2017-10-17 2017-10-13 2017-10-07 2017-10-02 2017-09-07 2017-09-04 2017-08-28 2017-08-21 2017-08-07 2017-07-31 2017-07-18
今日の12件
人気の15件

[asi2] RightBar Edit

 

 
 

このページの
  通算アクセス回数 
   10102 回
 
このページの
  本日アクセス回数 
     4 回