適正熟練

武器には適正熟練度というものがありますが、
これはキャラの熟練度がその適正熟練度まで達していないと
本来の攻撃力を発揮できないという目安です。
熟練5の時と熟練50の時の攻撃力を↓で比べてみます。


武器熟練5の攻撃力熟練50の攻撃力
短剣(適正熟練度5)1055
長剣(適正熟練度45)1095

短剣の場合、熟練度5の時に丁度性能をフルに出しています。
逆に熟練50の時の場合は、適正熟練度以下なので
攻撃力は大して上がりません。


長剣の場合は、熟練5の時だと適正熟練度が高いので
短剣の場合と何も変わりません。
一方、熟練50の場合だと適正熟練度と自分の熟練が近い為
攻撃力をフルに発揮しています。


このように常に自分の熟練にあった、
適正熟練の武器を装備する事が推奨になります。
(一部例外有り)


基本攻撃力とモンスタへの与ダメ

上記のことを式で示すと以下のようになっています。


  • 熟練度が適正未満の場合

    基本攻撃力=力+熟練度×2+武器攻撃力-武器熟練度


    もしくは
    基本攻撃力=力+熟練度+武器攻撃力-(武器熟練度-熟練度)


  • 熟練度が適正以上の場合
      基本攻撃力=力+熟練度+武器攻撃力

モンスターへの与ダメは


  (基本攻撃力ーモンスタ耐性)×熟練補完係数±3%


となっています。


なお、熟練度には転生等のボーナス分も加算されます。


熟練補完係数は別項にくわしくありますが、簡単にいうと熟練150ごとに
与ダメが1%増減する、というものです。


特殊な適正熟練の武器

通常の武器は(攻撃力-適正熟練)の値が45に設定されています。
しかし中にはその値がもっと大きい物があります。
このような武器は適正熟練未満では普通の武器より攻撃力がUPします。
準奇縁武器、奇縁武器が強いと言われる所以の一つもここにあります。


例:
無形武器=0→通常の武器より適正熟練未満では45攻撃力がDOWN。
準奇縁武器=220→通常の武器より適正熟練未満では175攻撃力がUP。
レンタル奇縁=495→通常の武器より適正熟練未満では450攻撃力がUP。
奇縁武器=500→通常の武器より適正熟練未満では455攻撃力がUP。


このような特性は18羅漢クエスト等で役立ちます。
18羅漢クエストについては段位の項目を参照。


熟練補完

(自分の熟練-武器の適正熟練)の値が大きければ大きいほど
最終与ダメにボーナス補正がかかります。
逆に小さければ小さいほど逆に減少補正がかかります。
つまり適正の武器が一番合っているわけです。


詳しくは熟練補完を参照。




最新の20件
2017-09-07 2017-09-04 2017-08-28 2017-08-21 2017-08-07 2017-07-31 2017-07-18 2017-05-02 2017-04-05
今日の12件
人気の15件

[asi2] RightBar Edit

 

 
 

このページの
  通算アクセス回数 
   16130 回
 
このページの
  本日アクセス回数 
     2 回