6段権利

6dan.jpg

今回は6段権利の補正について書きたいと思います。
まず6段権利の使い方を考えてみましょう。


大体はこんな感じだと思います。


  • 本気武器+30(奇縁、1085武器、準奇縁武器)
  • 初期武器-30(本職初期熟練上げ用)
  • 初期武器+30(転職力上げ放置用)

さてどれがいいでしょう、
うーんどれもいいですね・・・(笑)


ゆーの場合は転生クエストが実装されて数ヶ月という事で
ほとんどの人が初期-30を作っていました、
ゆーは転生直前に準を手に入れていたため、準+30の選択肢も可能でした。
しかし武林で+30他職初期の製作に成功したという話を聞いて
即、他職の初期武器+30を作る事にしました^^;


実際不安だったんですよね、
熟ボーナスが当時は全ての熟練の1/10がその熟練につくと思っていたし
その後で本職の準奇縁がもらえるかどうかも心配でした。
まあ無事もらえたわけなんですけどね^^;


+30他職初期

奇人までのネックである力上げを早くするためには
欠かせない武器です、素手放置で十分という意見もありますが
当然素手では命中70%のため1.4倍の時間がかかってしまいます。
これでは力2000になる頃には1上げるごとに数時間のロスタイムです。
なぜ+30がいいのでしょうか、+27他職ではダメなのか、と。
奇人までにはとてもつもなく膨大な放置時間が必要になります。
そのため+27ではあっというまに熟練が50、100と上がってしまって
敵のランクを上げなくてはいけません。
初期+30であれば全く熟練を上げずに全て命中の状態で放置する事ができるのです。
無論素手に比べると転生者は熟練ボーナスの分、
180程大きくダメージを与えてしまうのですが、この数字は大した問題ではありません。
むしろ毒カブトムシ、金剛魔人Nと
その辺から力を上げるのが数時間の次元になりますので+30の恩恵は大きいでしょう。
ただし、転生前にその職の職1武技は覚えておかないと放置の気力剤で苦労します^^;
本気武器+30を作っておけば力は上がると考えている人もいますが
これは大きな間違いです、狩りではどんなに効率よく狩りをしても
力を1上げるのに倍、あるいはそれ以上とかなりの時間を費やしてしまいます、
狩りで力を上げるぐらいなら、狩りでお金を貯めて+30初期で放置した方が
はるかに効率がいいのは目に見えています。


本気武器+30。

一番のメリットは安定した狩りですね、敵を倒すターン数がほとんど変化しないため
想定の範囲内で狩りをする事が安易になります。
実際のところ、敏捷1400時ちょうど武技1発で狩り出来る敵の場合
命中+27では3匹に1匹はなにがしか空振りをしてしまって1発で倒せなくなります。
ゆー的育成方だと武技1発で倒す事をメインとしていますので
この空振りは結構痛いです、また奇縁などの武器を30にする事は
実質最強クラスの武器を最高補正にするわけですから、狩りでも対人でも
魅力的だと思います、ですから奇縁+30補正は外せません。
しかし準奇縁武器に関してはこれからより強い武器が出る可能性が高い事などを
考えれば+30の魅力はかなり薄いとゆーは判断します。


初期武器-30

おそらく一番多くの人が作った武器でしょう。
攻撃力の要である熟練を命中範囲内で最速で上げる、十分魅力的です。
しかしながら今となっては-27を-30にする差程度の問題よりも
具足の修練効果の方がはるかに大きいため、30補正をつけるぐらいなら
先に具足3を獲得目指した方がいいと思います^^;
また熟練を上げる機会は転生者では最初と奇人直前以降に絞った方が
効率いいと判断する事も考えると-30補正を最初に選ぶ必要はないでしょう^^;
奇人まで到達して、余裕があったら・・・くらいでいいかもしれません。
その頃には練武館使いまくりになるので-30の恩恵大きいと思います。


まとめ

考えたところ、やはり他職+30か本気武器+30ですね。
しかしゆーの中では本気武器+30はかなりの魅力ではありますが
どんなにいい武器を持っていても+30初期は
転生者、奇人まで行っても必須の武器だと考えています。
現状最もつらく青海湖以上で必要なステータスである力を早く上げるために
初期+30は欠かせないわけですから^^;
ですから初期+30は必ず作って、本気武器+30もお金を貯めてあとから
お気に入りの武器につける事をお薦めします^^;
露店などで初期+30が売られていたら持っていても買ってしまうのも手です。
6段権利との交換に使えますから・・・、ゆーはそうしました^^;


しかし何はともあれ、やはり3種の30をそろえたいというのが本音ではあります(笑)


追記

本当によくある質問なのですが
初期+30でも太乙気孔や朱雀を使った場合は熟練が上がってしまいます。
これは太乙気孔や朱雀が空振りに関係なく固定ボーナスを与える物だからです。
修練具足の場合は、空振りしないとボーナスが発生しないため
熟練が上がる事はありません。


しかし、全ての状況を満たしていない場合でも熟練が上がってしまう事が
あるようです、ゆーの場合は2年近く+30初期を使っていても
熟練は全く上がっていませんが、その理由として
装備を変えた時に経験値のストック処理が行われておらず、
前の敵や朱雀の経験値が残っていたか、前の太乙気孔の発動がバグで行われたとかそのような理由ではないかと思います。
ですので、よく熟練が上がる人は装備を変えた直後は
素手で少し叩くなどをお薦めします、解決策になっているかどうかは
わかりませんが・・・いまだ熟練0のままなので。


総アクセス数 15604




最新の20件
2017-07-18 2017-05-02 2017-04-05 2017-02-07 2017-01-07 2017-01-01 2016-12-06 2016-11-30 2016-10-22 2016-09-28 2016-08-17
今日の12件
人気の15件

[asi2] RightBar Edit

 

 
 

このページの
  通算アクセス回数 
   15604 回
 
このページの
  本日アクセス回数 
     2 回